向日市 債務整理 弁護士 司法書士

向日市在住の人が借金返済の悩み相談をするならどこがいいの?

多重債務の悩み

「なぜこんなことに…。」
借金が増え、多重債務を抱え、自分ひとりでは解決できない…。
そういった状態なら、今すぐ弁護士や司法書士に相談するのが最適です。
弁護士や司法書士に債務整理・借金の悩みを相談して、最善の解決策を探しましょう。
向日市で借金・お金の相談をするなら、まずはインターネットの無料相談を試してみてはいかがでしょう?
スマホやパソコンのネットで、今の自分の悩みや状況を冷静に相談できるので安心です。
当サイトでは向日市にも対応していて、ネットから無料相談ができる法務事務所・法律事務所を紹介しています。
借金返済の悩み解決のために、一刻も早く司法書士・弁護士に相談することを強くオススメします。

債務整理や借金の相談を向日市在住の人がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

向日市の借金返済・多重債務問題の相談なら、こちらがおススメ。
弁護士が対応してくれる、全国対応の法律事務所です。
初期費用が0円だから、今の手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士代金の支払いは、分割払いの対応も可能です。
相談料金はもちろん0円!
借金取り立てのSTOPもできます。
過払い金、個人再生、自己破産、任意整理、など、債務や借金に関して相談できます。。
しかも、365日24時間、いつでも受付てくれます。
フリーダイヤル(通話代無料)で相談受付が可能なので、お金に困っている人も今すぐ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!電話受付OK!



ウイズユー司法書士事務所(借金の減額診断)

ウイズユー司法書士

向日市在住の人が債務整理や借金の相談をするなら、まず「借金減額の無料診断」もおすすめです。
全国に対応しているウイズユー司法書士事務所が行う無料の借金減額診断です。
無料診断は、たった4つの質問に答えるだけなのでとても簡単です。
診断はWeb上で行えるので、面倒な登録などは必要ないので気軽にできます。
また、診断結果を送信することもできますが、送信や無料相談は匿名でもOKなので安心です。
◆特徴◆
  • たった4つの質問に答えるだけ!
  • 月の支払いがいくら減るのか分かる!
  • 無料&匿名で相談できる!
  • 全国対応!
月々の支払いがいくら減るのか、借金がいくら減るのか、まずは気軽に無料診断してみませんか?

ウイズユー司法書士事務所
ウイズユー司法書士事務所

↑↑↑↑↑
借金の減額診断を匿名で



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

こちらも全国対応の司法書士事務所なので向日市の人も大丈夫です。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、その度に号泣してしまうという、涙もろい一面も。
債務整理の費用は分割払いが可能なので安心です。
家族や職場に悟られないよう徹底配慮をしてもらえます。
借金返済の問題は、一人で悩まず、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



向日市周辺の他の弁護士・司法書士の事務所の紹介

他にも向日市には複数の法務事務所や法律事務所があります。これらも参考にしてください。


●笠尾寛司法書士事務所
京都府向日市寺戸町東野辺35-11
075-924-2543

●佐藤光寛事務所
京都府向日市上植野町南開54-1
075-933-1567

●河村慈高司法書士事務所
京都府向日市鶏冠井町大極殿65-22
075-934-0600
http://kawamura-touki.com

●川村道夫司法書士事務所
京都府向日市鶏冠井町大極殿63-1
075-931-1417

地元向日市の弁護士や司法書士の事務所に行き、直接相談するのもアリだと思います。
ですが、いきなり直接相談するより、ネットでの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、気負わずに相談できるのではないでしょうか。

借金返済や多重債務に向日市で参っている場合

クレジットカードのリボ払いやキャッシング業者などは、尋常ではなく高い金利が付きます。
15%〜20%もの金利を払う必要があります。
住宅ローンの利子は年間0.6%〜4%ぐらい、自動車のローンの金利も1.2%〜5%(年)ほどですから、ものすごい差があります。
そのうえ、「利息制限法」ではなく「出資法」をもとに金利を設定しているようなキャッシング業者の場合、利子が0.29などの高い利子を取っていることもあるのです。
非常に高額な金利を払い、そして借金はどんどんふくらむ。
借金をしたのは自分の責任なので仕方ありませんが、額が多くて利子も高いとなると、なかなか完済の目処が立ちません。
どうやって返せばいいのか、もはや当てもないなら、法律事務所や法務事務所に相談しましょう。
弁護士や司法書士なら、借金返済の解決策をきっと捻り出してくれるはずです。
長期計画での返済になるかもしれないですし、過払い金返還で返さなければいけない金額が減額するのかもしれません。
まずは相談、解決するにはこれが始めの一歩です。

向日市/債務整理のデメリットにはどのようなものがある?|債務整理

債務整理にも多様な手段があり、任意で闇金業者と話合う任意整理と、裁判所を介す法的整理の自己破産または個人再生等々の類が有ります。
では、これ等の手続についてどんな債務整理のデメリットがあるでしょうか。
これ等3つのやり方に同じようにいえる債務整理のデメリットと言うのは、信用情報にそれら手続きをやった旨が掲載される点です。言うなればブラック・リストと呼ばれる状態です。
とすると、おおよそ五年から七年位、カードが創れなくなったりまたは借金ができなくなるのです。しかし、あなたは返金に日々苦しみぬいてこれらの手続をおこなう訳ですから、ちょっとの間は借入しないほうが良いのではないでしょうか。じゃクレジットカードに依存し過ぎる人は、むしろ借り入れが不可能になる事によって助かるのではないかと思います。
次に自己破産または個人再生の債務整理の欠点ですが、官報にこれ等の手続きを進めたことが載るということが上げられます。しかし、貴方は官報など読んだことが有りますか。むしろ、「官報ってどんなもの?」という人の方が殆どじゃないでしょうか。
現に、官報は国が作るする新聞みたいなものですが、金融業者などの極わずかな方しか見てないのです。だから、「自己破産の実情がご近所の方々に広まった」等といったことはまず絶対にありません。
終わりに、破産独特の債務整理の不利な点ですが、1回自己破産すると7年の間は二度と破産出来ません。そこは配慮して、二度と自己破産しなくてもいい様に心がけましょう。

向日市|自己破産のリスクってどんなもの?/債務整理

はっきし言えば世間で言われる程自己破産のリスクはそんなに多くないです。高価な車、土地、マイホーム等高価格の物件は処分されるが、生きるなかで必要な物は処分されないです。
また二十万円以下の貯蓄は持っていても問題ないです。それと当面の間の数箇月分の生活するために必要な費用一〇〇万円未満ならば持って行かれる事はないです。
官報に破産者のリストとして載るがこれも極一定の人しか見てないのです。
またいわばブラックリストに載ってしまい7年間の期間はキャッシング又はローンが使用出来ない状況になるのですが、これは致し方無いことなのです。
あと決められた職種に就職できないと言うことも有るのです。ですがこれもごくわずかな限られた範囲の職種です。
ですから債務超過で返金する事の出来ない借金を抱え込んでいるのなら自己破産をすると言うのも一つの手口でしょう。自己破産を進めた場合今日までの借金がすべて無くなり、新たに人生をスタートできるということで利点の方がより大きいと思われます。
また自己破産者は公法上の資格制限として公認会計士・司法書士・税理士・弁護士等の資格は停止されるのです。私法上の資格制限とし後見人・遺言執行者・保証人にもなれないです。また会社の取締役などにもなれないでしょう。けれどこれらのリスクはほぼ関係ないときが多いのではないでしょうか。リスクはさほど大きなものではないはずです。

関連ページ